このままSEを続けていても将来が見えない・・・

もうサービス残業や深夜残業は嫌だ!

何のために働いているのか?人間らしい生活を送りたい

 

SEをやっている方なら一度はこんな事を考えた事ってありますよね?

 

納期を守る為に無理をしたり、クライアント先で何かしらのトラブルが発生したりでデスマーチになったりと徹夜仕事になるなんて事もあるかと思います。

 

そんな事が繰り返されるとSEをこのまま続けていても将来性なんてないんじゃないのか?

 

仮に出世しても更なる仕事量が増えて過労死してしまうのではないか?って思いませんか?

 

だったら転職した方がいいですよ。

 

今回は私が転職によって年収がアップした理由についてお伝えしていきます。

※今の会社に不満がない人は読まないで下さい。

⇒簡単に私が残業100時間の超絶ブラック企業を辞められた理由

SEの人が共通する悩み

深夜残業が当たり前

SEに限った話ではないですが、IT業界全体がブラック企業と言われる所以がこの深夜残業の長さですね。

 

どんな仕事にしても1つの仕事に対して納期があるIT業界は何日もかけてその仕事を仕上げます。

 

しかし、会社側からすればたった一つの仕事だけで会社が経営できる訳がないので、いくつもの仕事を受けようとしてしまう為、その結果、残業が当たり前の状態になってしまいます。

 

ただ、残業をする=自分の時間や家族と過ごす時間が少なくなるという事でもあるので、できれば残業は少なくしたいもの。

 

ましてや残業代が支払われなければ会社を辞めたいという気持ちが強くなるのは当然だと思います。

デスマーチについて

SEやっている方なら一度は経験があるかもしれませんね。

 

システム開発が佳境にかかったりクライアント先でいきなりトラブルがあった時に起こりがちのデスマーチ。

 

デスマーチをこじらせる様な会社だと泊まり込みで何日も会社で仕事をしなければならない所もあります。

 

私は経験がありませんが、私の友人のSEは何日も泊まり込みが発生してそれが当たり前の状態だったと会社から洗脳されていたという人もいます。

 

流石にそこまででもないという人もデスマーチが頻繁に発生する会社であれば明らかに会社として問題があるので、転職を検討する必要がありますね。

技術の習得が大変すぎる

IT業界は日進月歩どころか分進秒歩と呼ばれる位に技術発達が早い分野。

 

半年前は常識だった技術が今は時代遅れで使えないなんて事もある世界です。

 

だから、IT業界はどこも常に人手不足に悩んでたりするんですね。

 

しかもSEはその新しい技術に対応しなければならず、仕事以外の時間もその新しい技術を見に付ける為の勉強を続けないといけません。

 

それが嫌になってSEを辞めたいと思う方は少なくありません。

 

それにIT業界に入ってはみたけど、実はあまりITに興味がないという方であれば新しい技術を身に着けるのはかなり苦痛になるのではないでしょうか。

 

好きこそものの上手なれではありませんが、興味があるからこそ続けられるというのもまた真実ですから、もし、ITに興味があまりわかないというのであれば思い切ってキャリアチェンジをするのは有効だと思いますよ。

結果として無理な残業で身体が悲鳴をあげる

これらの事から結局無理が重なって心身に負担がかかり、悲鳴を上げてしまうというのがIT業界の抱える問題ですね。

 

ITに興味がわかないというのはともかくとして、好きだったとしても身体が続かないくらい酷使してはどうしようもないですし、残業が続けば新しい技術を身に着ける時間もありません。

SEの転職成功談

デスマーチやら残業が長いやら残業代が出ないやらで転職をしたいという方、でも、実際どうやって転職したらいいのか、効率の良い転職をしたいですよね?

 

なので、転職の成功例から一番いい転職方法を見てみましょう。

開発メインからシステム管理、社内SEへの転職

デスマーチや残業が長いSEで最も多いのが他社のシステム開発を委託で行っているパターンですね。

 

スケジュールに沿って追い込まれながらのシステム開発になる為、残業時間が長くなりがちですし、納品後も何かしらのトラブルでデスマーチになる可能性もあります。

 

しかし、社内SEとなると基本的には既にある自社のシステムの管理がメイン業務になるので仕事で追い込まれたりスケジュールに無茶が生じるという事はほとんどありません。

 

しかも業界によっては年収アップも見込めるので、SEの転職先としては人気の職種ですね。

WEBエンジニアへの転職

先程の社内SEとは反対にシステム管理などの場合、デメリットとして生じるのが新しい技術を身に着ける必要がないという事。

 

その会社だけでずっと過ごせるのならそれでも問題ないとは思うのですが、今のご時世ですからリストラや人員削減、もしくは会社そのものが潰れてしまうなんて事もあり得ます。

 

そういう事になった時にずっとシステムの保守管理だけをやっていた場合、新しい技術についていけず、転職先が見つけられないなんて事もありえます。

 

また、中には「もっとガンガンシステム開発がしたい」という生粋のエンジニア気質の方もいますからそういう方はWebエンジニアへの転職をした方が良いと思います。

 

Web業界のエンジニアは単純な保守管理だけをしている方々と比べてプログラミング技術が高いので新しい技術を修得しやすい環境と言えるでしょう。

フリーランスへの転職

会社の雇われではなく、自営業者として仕事を請け負うという働き方ですね。

 

自分で仕事を調整できるので軌道に乗りさえすれば一番儲けられますが仕事がとってこれなければどうしようもないという一番気楽にできるけど、一番大変な道でもあります。

 

とにかく求められるのが技術と人あたりの良さですね。

 

営業もディレクターもプログラミングも何もかもしなければなりませんが、逆に言えばそれさえクリアできれば自分で自由に時間を作れるという事です。

早くSEを辞めて新しい分野へ転職しよう!

SEの仕事が辛くて身体的にも精神的にももう無理・・・。

そんな風にちょっとでも感じていたら今すぐ動き出さないと危険です。

 

そのまま騙し騙し働いていたら近い将来、限界を迎えて倒れてしまいます。

イヤ、倒れるだけならまだ良いですが、最悪の場合、過労死もあり得ます。

 

そうなる前にまずはその会社から逃げられないかコンサルタントに相談しましょう!

下記の記事で実際に使用してみたコンサルタントをレビューしています。

仕事で追い込まれて会社が辞められないならこの方法を試してみよう

無料で相談できるので、相談してから今の会社を続けるか辞めるかを決めると良いですよ。